Category : 顔の肌トラブル

顔の赤みをレーザー治療することのメリットとデメリット

顔の赤みは化粧などでごまかせないことも多いため、何らかの対応が必要な場合があります。

顔が赤く見える問題の原因にはいくつかのものがありますが、根本的には同じ理由で発生します。

それは顔の内部の血管が膨張していることで、色々な理由でそのようなことが起こると顔が赤くみえます。

このような問題が起こった時は放置しても治らないので、何らかの形で治療をすることになります。

短期間での治療ならレーザー治療が良いと言われている理由

顔が赤くなる問題は顔の皮膚内部にある血管が原因なので、その血管への対策をしなければいけません。

血管への対策はレーザー治療が使いやすく、この治療を受ければ短期間で問題が解決します。

レーザーを使った治療の特徴としてあるのは、皮膚の表面から内部の問題を改善できることです。この治療法は特定の色に反応する光を使って、その光をレーザーとして顔に照射し問題の改善を行います。

例えばシミの場合は黒い色に反応する光を使い、顔が赤くなる症状に対しては赤い色に反応する光を使います。

そういう形でレーザーを使った治療を行いますが、この治療法にはメリットとデメリットが存在します。

レーザー治療のメリット

メリットとしてあるのは短期間で問題の解決ができることで、他の方法で治りづらいこの症状をすぐに良くすることができます。他の点で優れているのは痛みなどがあまりなく、軽い負担で問題の改善ができることです。

レーザーを使った治療というと痛みを感じそうですが、実際の治療はそれほど強くは痛みを感じません。

もし痛みを強く感じる場合でも医師に相談をすれば対応をしてくれるので、痛くない形で問題の改善ができます。

レーザー治療のデメリット

この治療法のデメリットとして存在しているのは、治療を受けたあとで皮膚が多少おかしくなることがあることです。顔の赤みを治すレーザー治療は皮膚の内部の血管を破壊するので、それによって皮膚の異常ができることがあります。

適切な治療を受ければ大きな問題は起こりませんが、治療後にかさぶたができるなどの症状が起こるケースも存在します。

またこの治療法は一回だけでは改善できないことが多いので、何度かレーザーを使った治療を受けることになります。そのため何度かクリニックまで行く必要があるので、病院に何度も行く負担はデメリットとして存在します。

顔の赤みに利用できるレーザー治療は効果的ですが、この治療法にはメリットとデメリットがあります。その両方について理解をしておけば治療を受けやすく、良い状態で問題の解決ができるようになります。


顔の赤み対策におすすめのしろ彩ってどんな点が優れているの?

しろ彩のイメージ

顔の赤みに悩んでいて、化粧のノリが悪くて困っている方にいま人気の「しろ彩」という和漢化粧水をご存知ですか?

顔の赤みをケアできると口コミでも評判なので、すこやかな肌になりたい方はぜひ一度試してもらえたらと思います。

今回は、そのしろ彩について紹介しますね。

赤ら顔の原因の一つは毛細血管の広がり

赤ら顔になりやすいのは、皮膚が薄くて毛細血管が透けて見える人、ニキビによる炎症が治らない人、アルコールや香辛料などを過剰摂取している人などです。皮膚科で治療を受けても治りにくいので、悩んでいる方は少なくありません。

顔の赤みの原因は、毛細血管の広がりにあるということがわかっています。皮膚が薄い人、敏感肌の人、皮脂分泌が多い人は、少しの刺激を受けただけでも血管が炎症を起こすため、毛細血管が広がってしまうのです。

血管が開くと、赤血球が増えて赤くなるので、それで顔の赤みが発生するのですが、しろ彩を使うと毛細血管にアプローチできるので、赤みを軽減することが出来ます。

28日間使った結果、86%に赤みの軽減が認められたので、試してみる価値はあります。

しろ彩は敏感肌の方でも安心して使えるように作られているので、アルコールやパラベン、フェノキシエタノール、鉱物油、香料、着色料などの添加物は含まれていません。

デリケートな肌にも優しく浸透して、赤みの原因にアプローチすることが出来ます。

しろ彩にはどんな成分が含まれているの?

フランス地中海から抽出した海洋性エキスには、血管にアプローチする働きがあるので、使い続けるうちに、赤ら顔ではなくなり、お化粧のノリが良くなっていきます。

ファンデーションを厚塗りしなくても良くなるので、メイクに時間がかからなくなるでしょう。

ショウガ根茎エキスや甘草などの4つの和漢植物エキスが、赤ら顔を優しくケアできますし、高浸透型ビタミンC誘導体が配合されているので美白効果もあります。

セラミドやヒアルロン酸、コラーゲンの3つの保湿成分も含んでいるので、お肌を乾燥から守ることが出来ます。

しろ彩は多層浸透型バリアテクノロジーが採用されているので、これらの有用成分を肌の奥までしっかり届けられます。

そのため口コミでも浸透力が高いと評判ですし、頬や鼻の赤みが気にならなくなったという人が多数います。

敏感肌だけどヒリヒリしないとか、乾燥しにくくなった、肌質が良くなりきめが整ってきたなど、他の口コミにも良いものが多いので、同じような悩みを抱えている方は試すようにしましょう。

ただし、使ってすぐには効果が出ない人が多いので、途中でやめずに気長に続けることが大切です。


頬や鼻の周りの赤みを目立たなくする化粧法

化粧下地

頬の赤みを隠すメイクはまず、スキンケアから丁寧にしましょう。

乾燥してしまう事でさらに赤みが目立ってしまいますので、乾燥しないようにしっかりと丁寧な保湿が大切です。

また、洗浄力が強すぎない洗顔料を使用することが大切です。優しい洗顔料で洗顔してから丁寧に化粧水で保湿しましょう。

その後、乳液などの油分で蓋をします。メイクをする前に乾燥していない状態にすることが、頬の赤みを目立たなくさせるためにはとても大切です。

その後にすぐにメイクをしてしまうと、ヨレや崩れの原因となりせっかくメイクで目立たなくした赤みが目立つようになってしまいます。

下地のコントロールカラーはどんな色がいいの?

ティッシュオフなどで余分な油分を取り、下地を付けます。下地は、イエローかグリーンのコントロールカラーを使いましょう。

ちなみに、イエローの方がより自然な仕上がりになります。

厚塗りにならないよう丁寧に塗り、コントロールカラーの後はすぐにファンデーションを付けないようにします。

すぐにつけてしまうとやはり、ヨレや崩れの原因となります。

リキッドタイプやクッションファンデーションを厚塗りにならないように丁寧に付けて仕上げます。

頬の赤みを気にしすぎて、厚塗りをしてしまうとヨレてしまったり崩れやすくなってしまうので気を付けましょう。

また、コントロールカラーをつかわなくてもファンデーションがグリーン系やイエロー系のものを使うという方法もあります。

更に目立たなくする場合には、グリーンやイエローのコントロールカラーを付けてからグリーン系かイエロー系のファンデーションを使用することで、頬の赤みを目立たなくさせる効果が高くなります。

ベージュのファンデーションを塗ると、不自然な仕上がりになってしまう事がありますが、この方法なら自然に赤味を目立たなくさせることができます。

気になる部分にはコンシーラーも合わせて使ってみよう

特に気になる部分にだけコンシーラーを付けることで全体的に厚塗りにならないようにすることができます。

頬の赤みが気になる部分には、イエロー系のルースパウダーを仕上げにつけましょう。

顔全体につけすぎてしまうと、白くなりすぎてしまい首と差ができてしまいますので注意が必要です。

自然な仕上がりにするためには、気になる部分にだけルーセントパウダーをつけることがコツです。

ルーセントパウダーは、パフにつけた後に余分な粉を落としてからつけるようにしましょう。

ルースパウダーなら、気になったところを簡単に直すことができます。

化粧直しが手軽にできるという点でもおすすめですよ!


脂漏性皮膚炎とはどんな症状なのか

皮膚炎の女性

脂漏性皮膚炎の症状は、皮膚が乾燥した状態になり、患部にフケのような付着物があるのが特徴です。

また、病名が表している通り、脂漏性皮膚炎は皮脂によって炎症が引き起こされます。

皮膚に炎症が発生しますから、症状が悪化すると赤くなったり、痒みが生じることがあります。

一般的に、原因は皮脂の過剰分泌を始めとして、皮脂を餌とする真菌の増殖が挙げられます。更に、ビタミン等の栄養不足であったり、不潔な状態が原因となるのも特徴でしょう。

皮脂はべた付くのに頭皮は乾燥している、こういった状況が発生しますから、安易な対処ではなく適切に治療を行うことが大切です。例えば、皮脂をシャンプーで何度も洗い過ぎたり、摩擦で体をゴシゴシ洗うのは厳禁です。

確かに、古くなって酸化した皮脂は脂漏性皮膚炎を悪化させますが、洗い過ぎは乾燥を招き皮脂の分泌を促しますから、過剰な洗浄は悪化の要因となります。

脂漏性皮膚炎が発症しやすい部位について

脂漏性皮膚炎の見た目は、患部に赤く発疹が見られたり、正常な皮膚との境目がハッキリするのが特徴といえます。

症状を発症しやすい部位は、主に顔や背中が多く、中にはお腹や股の部分に発生する場合もあります。

患部が限定されるのは、皮脂を分泌する皮脂腺が集まっていること、そして摩擦等で乾燥しやすい部位である二つが要因です。顔であれば、皮脂が出やすいおでこであったり、鼻の横に症状が出ることが多くあります。

しかし、状態が悪化すると、顔全体が赤くなるのも特徴ですから、そうなる前に気が付いたり治療を始めることが必要です。生え際も赤くなりやすく、眉間も発疹を発生しやすいのが特徴なので、慢性的な発疹があれば比較的容易に、脂漏性皮膚炎を見分けることが出来ます。

勿論、他の原因が同様の状態を引き起こすこともありますが、顔は赤く皮膚が乾燥している雰囲気で、常に赤い状態なら高確率であてはまるでしょう。

早ければ生後2週間前後で発症しますし、思春期から大人になって長引くこともあります。

脂漏性皮膚炎を改善するには?

皮脂量と皮膚状態のバランスを整えて、真菌を減らすことが治療に結び付きますが、生活習慣の見直しも必要になります。

アルコールや肥満は発症要因となるので、飲酒を控え適度に運動するのが有効です。

空気の乾燥状態であったり、低温や紫外線下は悪化要因となりますから、なるべくこのような環境を避けることも肝心です。

ストレスは特に、悪化を招く負のスパイラルの原因となるので、適度にストレス発散を行うことも欠かせません。

治療が必要な状態なら、抗真菌薬が効果を発揮する可能性があるので、医師に相談したり抗真菌剤入りの洗浄剤を検討すると良いでしょう。