赤ら顔の主な原因ってなに?

赤ら顔

赤ら顔の原因は肌荒れや皮脂の過剰分泌、ニキビ跡や遺伝などがありますが、赤ら顔の主な原因は毛細血管の拡張によりものです。

毛細血管が拡張する症状のことを毛細血管拡張症といい、毛細血管拡張症を治すと赤ら顔も改善されます。

皮膚が薄い人は顔が赤くなりやすく、寒い地方に住んでいる方も顔が赤くなりやすいです。

毛穴に皮脂が詰まると肌が炎症を起こして顔が赤くなります。皮脂の詰まりによる肌の炎症は脂漏性皮膚炎という皮膚病ですので、皮膚科で治療をすることが必要です。

日常的にお酒を飲む人も顔が赤くなりやすく、お酒を飲んでいない時でも顔が赤くなります。アトピー性皮膚炎の治療のためにステロイド剤を投与している方は、ステロイド剤の副作用で顔が赤くなることがあります。

このように、顔が赤くなる原因はいろいろありますので、原因に応じた対策を行うことが顔の赤みを解消することにつながります。

赤ら顔の対策には洗顔や日頃のスキンケアでも注意が必要

毛細血管拡張症は医療機関でレーザー治療や光治療を受けると治すことができますが、日常生活を改善することによって自然に治すことが可能です。赤ら顔の人は刺激が強い化粧品の使用を避け、無添加のオーガニックコスメなどの低刺激の化粧品を使用するようにします。

関連ページ:顔の赤み対策におすすめのしろ彩ってどんな点が優れているの?

赤ら顔の人は洗顔も注意することが必要で、洗顔をする際に強い力で顔を擦らないように気をつけます。洗顔料も肌に優しいものを選ぶと肌にダメージを与えにくくなります。泡だけでも十分に毛穴の汚れは落ちますので、ゴシゴシと擦り過ぎないように注意します。

顔の赤みを解消するには、化粧水の選び方が大事になってきます。美白化粧水の多くはビタミンC誘導体が配合されており、ビタミンC誘導体を配合している化粧水を使用すると、顔の赤みの解消に役立ちます。

ビタミンCやセラミド、ヒアルロン酸が含まれている化粧水を選ぶ

ビタミンCは抗炎症作用がありますので、炎症が原因の顔の赤みを改善します。

顔の赤みを解消するために化粧水を選ぶ際には、セラミドやヒアルロン酸などの保湿成分が豊富に含まれている化粧水を選ぶようにします。顔が赤い人は肌が乾燥して敏感になっているため、化粧水に配合されている保湿成分が乾燥対策になり、肌に潤いを与えてくれます。

参考サイト:しろ彩の効果と本音の口コミ | 敏感肌カレッジ

顔が赤い人は血の巡りが悪くなっていますので、ビタミンKを配合している化粧水を使用するとビタミンKの働きで血液がスムーズに流れるようになり、血管が拡張するのを防げます。

当然ながら、顔の赤みを改善するには無添加の化粧水を使用することが重要ですので、添加物が含まれていないものを選ぶようにします。